青汁の歴史

青汁の歴史についてご紹介

青汁の歴史なんて、考えたことがある人はあまりいないと思いますが、
青汁マニアにとっては興味があることなのではないでしょうか?

 

そもそも、青汁の走りだと考えられるのは、
遠藤青汁普及会の「遠藤青汁」だと言えます。

 

その昔、岡山県倉敷市に遠藤仁郎という医学博士が居ましたが、
この方が青汁の父だともいわれています。

 

戦中戦後の日本は食糧難によって体力が弱り、
人々は健康を害して容易に病気になっていました。

 

その有様を見た遠藤博士が作り出したのが青汁です。

 

最初のころの青汁は、その辺に生えている野菜の葉っぱを使ったものでした。

 

それを更に、ケールを日本に輸入して
ケールの青汁を作って広める運動をしたのも遠藤博士です。

 

遠藤青汁普及会の「遠藤青汁」は、
そのケールの青汁の伝統を受け継いでいる青汁になります。

 

1990年代にキューサイという福岡県の会社が作ったテレビCMによって、
ケールの青汁が全国的に知れ渡るようになりました。

 

このことは、青汁を日本全国に広める意味でも大きな貢献をしたと言って良いでしょう。
そして、健康志向の人たちの間で青汁を飲む習慣が徐々に広がっていきました。

 

その後、大麦若葉の青汁や明日葉の青汁、桑の葉の青汁、クマザサの青汁などなど
いろんな原料を使った青汁が出てきました。

 

第二世代の青汁として、乳酸菌を加えた青汁や、
コラーゲンなど美容成分を加えた青汁が出てきます。

 

第三世代の青汁としては、フルーツ青汁が出てきました。

 

フルーツ青汁は、主にダイエット目的の若い女性の間で人気が出てきています。

 

フルーツが豊富に入っているので、とても美味しく飲めるところが特徴です。

 

簡単に日本の青汁の歴史をご紹介しましたが、
今後も青汁製品はどんどんと新しい製品が開発されていくと思います。

 

期待できますね!

関連ページ

ケールの青汁
ここでは、ケールの青汁に関する情報をご紹介しています。
大麦若葉の青汁
ここでは、大麦若葉の青汁に関するい情報をご紹介したいと思います。
明日葉の青汁
ここでは、明日葉の青汁に関するいろんな情報をご紹介したいと思います。
桑の葉の青汁
ここでは、桑の葉の青汁に関するいろんな情報やをご紹介したいと思います。
ユーグレナの青汁
ここでは、ユーグレナの青汁に関する情報をご紹介したいと思います。
クマザサの青汁
クマザサの青汁の情報をご紹介します。